禅寂寺外観

第二十二番弥勒山實智院 禅寂寺
高野山真言宗ぼけ除の寺

正面
横

【​ 完成予想図 】

禅寂寺外観

ぼけ除祈願・水子供養

和泉市のお寺「禅寂寺」は、ぼけ除祈願・水子供養で有名なお寺です。

アクセスも良く、広々とした駐車場もあり、木々の多い境内を参拝していただけます。宗派・宗旨に関係なく、どなた様もお気軽にご参拝ください。また、禅寂寺いずみ霊園では生前建墓・改葬(移転)など、お墓の相談会を実施中です。

(御本尊)阿弥陀如来
(開創)飛鳥時代、豪族坂本朝臣の氏寺として開創。
先祖供養
水子供養

長い参道は丘の上まで続き境内に出る
御堂の前に大木が立ち鬱蒼とした中での参拝で在る
入れ口には多くの墓石
小五輪塔が集められて並びぼけ除け地蔵は小奉納像の壁を背にして立つ
他にも多くの地蔵の立つ境内で在る

人生相談・悩み相談・霊障相談・浄霊・厄払い・護摩祈祷・御先祖供養・水子供養など…

「一人悩まずご相談ください」秘密厳守。ご参拝くださる方々の宗派は一切問いません。

御供養

年忌法要・永代供養・先祖供養・水子供養

つぼみ
ご祈願

護摩祈祷・ぼけ除祈願、厄除け、家内安全、当病平癒、商売繁盛、交通安全

つぼみ
ご葬儀

枕経・通夜経・引導・戒名授与

つぼみ
ご法事

年忌法会

つぼみ

その他、宗旨宗派不問 随時承っております。

禅寂寺

名前からして静かな雰囲気を思わせる寺である。こんもりとした小さな森に神社があって、そこの鳥居をくぐって境内に入る。

神仏習合は、かつて長い間日本の習俗ではあったが、明治以降の廃仏毀釈以後、鳥居をくぐって入る寺は珍しい。

境内入口の左に鐘樓があり右手に本堂がある。正面座裡玄関の前には樹齢二百数十年を経たモチノ木があって、この木と本堂の間に府の重要文化財に指定されている五重塔の礎石が残っている。寺伝では天平時代に行基が創建した事になっているが、この礎石を含めた伽藍配置の様式からみて法隆寺様式の寺ではなかったかと思われる。

また事実、飛鳥時代の古い瓦などが発見されているので、飛鳥時代のこの地の豪族、坂本臣の氏寺として建てたものであろうと住職は語られる。

坂本臣とは武内宿彌の子孫で、古くから坂本郷(坂本町、寺門町、今福町、観音寺町、桑原町、一条院町)附近を支配し紀伊国を本居とする。一族は大阪湾沿岸一帯に蟠居し讃岐国の方向にもその勢力を及ぼしていたという。坂本臣平は602年百済使の任についているからこの一族は海事に明るく、海外交渉の実務にすぐれていたに違いない。

本尊は阿弥陀如来であるが、脇侍に薬師如来の座像があって江戸時代の作である。江戸時代から雨乞いの時にはこの阿弥陀如来の像をかついで池に投げ込むと霊験あらたかだったという。ほかに室町時代の弘法大師像の軸と、鎌倉期の十一面観音像がある。

~禅寂寺は「和泉・堺のぼけよけ二十四地蔵」22番目のお寺です~

花の咲く枝
ぼけよけ二十四地蔵とは…

昭和63年に和歌山県・奈良県・大阪府の三宗五派の寺院24ヶ寺が集まって「ぼけよけ二十四地蔵尊霊場」が開創されました。人の苦しみや病気の身代わりになってくださるというお地蔵様。各札所寺院に同じお婆のぼけよけ地蔵尊をお祀りしています。

花の咲く枝
高野山真言宗とは…

弘法大師を宗祖とし金剛峯寺(和歌山県高野山)を総本山とする真言宗の中心宗派です。弘法大師の奥の院御廟を信仰の源泉とし、壇上伽藍を修学の地として、真言宗の教えと伝統を今日に伝えています。真言宗の根本の教えは、大日如来の智恵に目覚めるために、次のことを求めます。菩提の心を発し、仏の誓願を堅く信じ、すべてのものの本性が清浄な心であることを、ありのままに知ること。この世のすべてのものを愛する心と、真実を求める心を堅く持って、行いと言葉と心のすべての働きを通じて、真理を悟り、実践する仏の智恵に気づくこと。

 

お問合せ

お地蔵

JR阪和線 和泉府中駅よりお車で10分。大変便利な場所にあるお寺です。ご宗派を問わずご相談ください。心の悩みもご相談ください。

電話のアイコン
0725-41-0400

大阪府和泉市阪本町551

広々とした駐車場があります。